ラジオ波(RF)など

ラジオ波とは高周波でターゲットを高温にする方法です。医療の分野でも幅広く使われています。エステで使用する美容機器とにも応用されていて、痩身やフェイシャルなどの施術に使用されています。ラジオ波単独で脱毛処理を行う機械は少なく、レーザーやフラッシュなどの光エネルギーと複合的に組み合わせ、毛根にアタックするタイプが大半です。光による効果とラジオ波による相乗効果が期待できます。

また、フラッシュ脱毛機の中には、施術時に塗るジェルの中に抑毛効果のある成分が含まれている物があり、光を照射することでその成分が毛穴に浸透するタイプのフラッシュ脱毛機などもあります。他にも成長期の毛をターゲットにせずに、休止期の毛穴に低出力のフラッシュを照射する脱毛法などもありますが、効果のほうはどうなんでしょう。

変わったところでは、脱毛処理をする毛をピッカーで摘み、サウンドエネルギー技術という方法で音の振動による発熱により脱毛処理をする機械もあります。肌の色や毛の色を選ばないと言う点では、ニードルに通じるものがあり、1本1本処理するやり方も似ています。私はこの機械を見たことが無く、脱毛処理を受けたこともありませんが、おそらく痛みなども少ないと推察されます。扱っているのはエステのようですが、あまり普及していないのを見ると、やはり処理にかかる時間がネックになるのかもしれません。
何にしても評価が定まっていない脱毛法にトライするにはリスクもあり、現在主流となっているレザーやフラッシュを選んでしまうのは無理も無いことと思います。

これから先も新しい機械や新しい技術が出てくるかと思われますが、毛の発毛組織を熱により凝固や変性させるという原理自体は不変のような気がします。現在、搭載されている冷却装置が初期の機械には無かったように、既存の光系の機械などに、より肌の安全を確保する装置が追加されたりする可能性は大きいと思います。

また、最近は見かけなくなりましたが、一時は非熱式脱毛というのもありました。特殊な機械から出るオゾンを肌に当ててそのオゾンの効果で発毛を止めるというものです。施術する側、特に医療行為ができないエステサロンなどでは、熱を利用するフラッシュ脱毛などのリスクとして、肌のダメージや火傷があります。この非熱式脱毛では当然そういうリスクがなくなりますし、日焼けしている肌にも施術できるということで、脱毛エステなどの何店舗かが導入しました。しかし実際はその脱毛効果はほとんどない状態で、非熱式脱毛を導入したサロンさんは、すぐに他の脱毛法へとシフトをせざるおえなかったという経緯がありました。そういう経過を経て、今は非熱式脱毛を見かけることもなくなりました。

余談ですが、最近は男性で脱毛処理をする方もだいぶ増えてきました。脱毛エステの店舗数も以前と比べると、その数は数倍にもなっています。ハーフパンツなどの肌を露出するファッションが増えた影響もあるのかもしれません。男性の脱毛の中でも、特に増えてきたのがひげ脱毛です。ひげの濃い人の手間は大変なので、煩わしいひげ剃りから解放されたいと願う男性から支持を得ているようです。このひげ脱毛は施術時に大変な痛みがあります。これは脱毛法を問いません。ひげ脱毛を希望する男性は多いのですが、この痛みがネックになっている現状もあるようです。近い将来にはこの痛みを感じることのない脱毛法が生まれるのではないでしょうか。

その他の脱毛のまとめ

新しい脱毛法も既存の機械に複合的に組み合わされている物が多いようです。新しい原理で脱毛処理する機械は、評価が定まるまで時間がかかるので、選択する時は慎重に。体毛で毛周期がワンサイクル終了するのに2年程度はかかるので、その時点での評価も2年程度を要することに。また、どの程度再生してしまうのかという評価をするにはその後さらに時間が必要で、結局は既存の脱毛処理を選ぶことになります。料金面や衛生面、継続的な効果など、いろいろな要素をトータルで考え、自分に合った脱毛と店舗を選びたいものです。また、男性脱毛の中でも人気の高いひげ脱毛などは、その処理回数がかかるために、店舗選びは慎重にしたいものです。

脱毛方法
ラジオ波やサウンドエネルギーによる脱毛(複合的なものが多い)
採用店舗
医療機関・エステ
メリット
複合的な相乗効果が期待できる
デメリット
口コミなどが少なく、評価が定まっていない
OEMでオリジナルマシンを製作します

OEMで
オリジナルマシンを
製作します

※マシン製作は2台から承ります。
詳しくはお電話でお問い合わせを0452611781

CONTACTお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
PAGE TOP