ここ何年かで脱毛料金もずい分と安くなりました。
昔はエステで両ワキを脱毛処理するのに、20万円ぐらいの支払いは当たり前の時代がありました。
世の中の進歩に従って、脱毛処理をする機械もどんどん進歩しています。
そのおかげでレーザー脱毛機をはじめとする、いわゆる光脱毛機が毎年のように新機種を出しています。
脱毛を受ける消費者側は、いったいどのような機械で脱毛処理をすればいいのか、良く分からないのが本音です。
ここでは、いわゆる業務用のエステサロンなどで使用している、フラッシュ脱毛機のメカニズムを紹介します。

一般的にはレーザー脱毛機とフラッシュ脱毛機の違いはその光源にあります。
フラッシュ脱毛機の光源はキセノンランプです。
キセノンランプ自体は身近にあるものに使用されていて、例えばコピー機のランプや自動車のヘッドライトなどにもキセノンランプは使われています。
このキセノンランプを光源としてフラッシュ脱毛機は作られています。
キセノンランプを使ったフラッシュ脱毛機といってもその種類は様々で、通販などで見かける2㎏程度の家庭用の小さなフラッシュ脱毛器から、重量60㎏を超す業務用の脱毛機まであります。
脱毛器の価格も大きな差があり、家庭用の物なら2万円程度から、業務用の物は1000万円を超える物もあります。
機能的なことから効果的なことまで、あらゆる違いがありますが、一番違うのは出力です。
良好な脱毛結果を平均的に出すためには、安定した出力での照射が必要です。
業務用のフラッシュ脱毛機はそういった脱毛に不可欠な能力が備わっています。

OEMでオリジナルマシンを製作します

OEMで
オリジナルマシンを
製作します

※マシン製作は2台から承ります。
詳しくはお電話でお問い合わせを0452611781

CONTACTお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
PAGE TOP