医療機関なので安全で安心。

美容系のクリニックや皮膚科などで使用されているレーザー脱毛機は、医療機器として認可されている物で医師や医師の管理の下でしか使用できません。
レーザー脱毛機の種類も多数あり、現在ではダイオードが最も効果的と言われているようですが、患者さんの肌や毛質に適したレーザーを使い分ける所もあり、使用法に関しては医師の判断・管理のもとなので安心できると言えます。
原理の似ているフラッシュ脱毛機との違いは、光源もそうですが、その出力の高さにあります。レーザー光は直進性が高く、拡散するフラッシュ光に比べて皮膚下への進達度も深いと言われています。出力が高ければそれに比例して皮膚への副作用が心配されるところですが、施術する場所が医療機関なので、肌に支障が出た時でも治療が受けられます。その直進性からか、一般的には同じジュールで照射した場合でも、フラッシュ脱毛機よりもレーザー脱毛機のほうが痛みを感じやすい傾向にあります。しかし痛みを軽減するためや皮膚をヤケドなどから守るために、冷却装置が付いているマシンもあり、それほど気にする必要はないと思います。

フラッシュ、レーザーともに施術の間隔は2,3ヶ月に一度。毛周期にあわせて施術をします。毛周期を無視したスケジュールを組むと、無駄な照射などの可能性があり、費用面や肌の保護などの効果的な脱毛が期待できません。この毛周期は個人差や部位での差があり、自分で毛周期をある程度把握することも必要かも知れません。また、男性のヒゲに関しては、毛周期が他の体毛と違うようで、施術の間隔がかなり短くタイトになってくるようです。これも生えているヒゲの太さなどによって変わってくるようなので、毛周期や脱毛サイクルに詳しい医師に相談しながら進めていくことが必要です。

レーザー脱毛も一本ずつ脱毛処理をする必要がなく、一度にスポット範囲内の脱毛処理が出来るために、ニードルなどに比べ、施術時間は短かくなります。一度に照射出来る範囲をスポットと言いますが、以前は1センチ四方程度のスポットが多かったのですが、最近では1センチ×5センチのスポットを持つ機械も出てきています。それでも照射面積に関しては、フラッシュ脱毛機の方が大きいと言えるでしょう。脱毛処理は毛を剃ってから行うので、ニードルのように毛を伸ばして準備をする必要はありません。日常の処理も、抜く以外は特に問題はありません。

レーザー脱毛のデメリットとしてはフラッシュと同様、黒い毛以外には効果が出にくくなります。レーザーは黒に反応するので、茶色や白い毛にはほとんど効果はありません。また、細い毛(産毛など)にも効果が出にくい一面がありますが、高出力で照射すると脱毛が可能になる場合もあります。ただ医師の管理の下とはいえ、必要以上の高出力の照射は肌のトラブルの元にもなるので、気をつけたいところです。
永久性は高いのですが、プローブで発毛組織にダイレクトに熱を伝えるニードルに比べると、効果の永久性ではやや劣る面があります。また黒に反応するためにフラッシュ同様、脱毛処理中は日焼けはNGです。
施術するのが医療機関であるために、ひげ脱毛の料金はエステのフラッシュに比べると高くなりますが、費用対効果を考えると決して高いとは言えないと思います。医療機関でもキャンペーンなどを利用して、なるべく料金を抑えて契約したいものです。

レーザー脱毛のまとめ

医療機関であること、医師の管理の下であることの安心感と安全性は捨てがたいものがあります。脱毛の効果と肌の安全というのは相反するものなので、万が一の時の治療体制を考えると、場所が医療機関というのは安心できます。
料金はエステに比べると高いのは当然ですが、それでもここ何年かで大分安くなりました。医療機関ということで、無理な勧誘や販売の心配がないのも魅力の一つです。小まめにHPなどをチェックして閑散期のキャンペーンを上手に利用したいと思います。
デメリットは、ニードルに比べて永久性では劣ること。
黒以外の毛には効果が無く、肌や毛の色を選ぶので、日焼けもダメなことなどでしょうか。

脱毛方法
レーザーによる脱毛(ライトシェア・ダイオードなど種類は様々)
採用店舗
医療機関のみ
メリット
医療機関なので衛生面・健康面で安全
処理する部分の準備がいらない
トラブルの時に治療が出来る
高出力の照射が出来る
デメリット
痛み(麻酔等で対処可能)
黒い毛以外は効果が出にくい
日焼けはNG
ニードルよりも永久性が劣る
OEMでオリジナルマシンを製作します

OEMで
オリジナルマシンを
製作します

※マシン製作は2台から承ります。
詳しくはお電話でお問い合わせを0452611781

CONTACTお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
PAGE TOP